多くの国民、そして軍関係者までもが飢えに苦しみ、命を落とす者も少なくない北朝鮮。その一方で、国の最高指導者とその家族が、自身の趣味に驚くべき額をつぎ込んでいることが判明した。

韓国国会外交通商統一委員会の尹相現(ユン・サンヒョン)議員の発表によると、金正日総書記一家は、溺愛している飼い犬やそのペット用品に年間で10万ドル(約770万円)から20万ドル(約1500万円)を費やしているという。大の犬好きで知られる金総書記は、飼い犬を増やしては、豪華な餌を与えているのだ。

尹議員が明らかにした情報によると、北朝鮮は金総書記一家のためにあらゆるものを購入しているという。ペットだけでなく、マリンスポーツ用品や競走馬などを、ロシアや中国から購入し続けているのだ。これについて尹議員は「過去2年間で購入していたジェットスキー用の水上オートバイおよそ10台は、各地に点在する一家の別荘で、三男の正恩(ジョンウン)氏が余暇を楽しむために使っている」と明かした。

また、2010年10月にはロシアの代表的な馬とされるオルロフ・トロッターを数十頭も入手。この馬で、正恩氏や家族が乗馬を楽しんでいるという。2009年には、高級ウィスキーおよそ200本を輸入し、昨年はフランスから最高級といわれるワイン600本を購入、金総書記主催のパーティーで来賓客らにふるまわれた。

これだけではなく、2009年3月にはイタリアのアジムット社から豪華ヨット2隻を購入しようとして、摘発される事件も起こしている。このヨットもやはり、金総書記一家がバカンスを楽しむために用意されたものだろう。

日本のテレビで報じられる姿からは、想像ができないような内部事情が次々と明らかになる北朝鮮。「空腹に耐える国民をよそに、この贅沢ぶりは許しがたい!」と批判の声が高まっている。最近では、さらなる支援を受けようと中国やロシア訪問に必死な金総書記だが、言い訳のしようがないこれらの豪遊を国民へどう説明するのだろうか。

参照元:YONHAP NEWS(韓国語)