いまだかつて、これほどまでにクッキリ写ったUFOがあっただろうか。とある海外のインターネットユーザーが公開した動画には、浮遊する2つの物体の姿が。一方がくるくると回し始めると、もう一方の機体がどこかへ飛び去ってしまうのである。いずれもとても小さく見えるので、乗組員がいるようには見えない。しかし、これらは意志を持っているように動いているのである。

この動画「UFO captured on cam」はフランスのユーザーが2009年に公開したものだ。具体的な場所は示されていないのだが、ユーザーは西の方角で見たと報告している。

広い草原を撮影していたカメラが、画面中央にフォーカスすると、そこには2つの銀色の浮遊物体が。一方はくるくると旋回し、もう一方は小さな球体のように見える。しばらくすると、球体の方は高速でどこかへ飛び去ってしまうのだ。

ごくわずかな時間の動画なのだが、映像の衝撃は絶大なものである。これは一体何なのだろうか? また乗り物と見るには、比較的に小さい印象を受ける。小さな宇宙人が乗り組んでいるのか? もしくは、遠隔操作された調査艇なのだろうか? いずれにしても疑問は尽きない。

ちなみに海外のネットユーザーの間では、「トランスフォーマーのメガトロンか?」、「よく出来た映像加工だ」、「これは幻だろ? 誰か俺の顔を殴ってくれ」など、さまざまな意見が飛び交っているようだ。とにかく得体の知れない物体であることに違いない。あなたはこの物体を何だと思われるだろうか?

参照元:Youtube pidjyman