2011年9月5日、Googleは偉大なるロックシンガーのフレディ・マーキュリーの功績を讃え、彼のアニメーション付きトップページを公開した。1991年に亡くなったものの、彼の影響力はいまだに衰えることなく、永遠のロックスターとして多くのミュージシャンにリスペクトされている。

もう二度と彼の素晴らしい歌声を聞けることはなくなったのだが、最近海外のインターネットユーザーの間で、一人の男性の歌声が話題になっている。その人物はクイーンメンバーのツアーオーディションに動画で応募し、その声を届けたのである。是非一度動画を視聴して頂きたいのだが、存命のフレディに大変よく似ているのだ。正直、似すぎていて衝撃を受けてしまう。

この男性はカナダのボーカリスト、マーク・マーテルさんだ。彼は、クイーンのドラマーであるロジャー・テイラーのツアーメンバー募集に応募したのである。ロジャーは来年の全米ツアーに参加できる実力の持ち主を探していた。そのためにオーディションを開催したのだが、参加者の一人にマークさんが現れたのだ。

マークさんの歌声は、Youtubeにも公開されているのだが、その声は存命時のフレディにそっくり。声だけでなく顔立ちまでそっくりなのだ。

彼の歌声は海外ネットユーザーの間でも話題になっており、「生まれ変わりか!」、「目を閉じて歌声を聞くと、目の前にフレディが現れる」など、絶賛の声が相次いでいる。

生まれ変わりは言いすぎかもしれないのだが、かねてからのクイーンファンも納得の実力と言わざるを得ない。是非、目を閉じて彼の歌声を聞いてみて頂きたい。まるでフレディがよみがえったようなインパクトを受けるはずだ。

参照元:YouTube QueenExtravaganza