ファッション誌を眺めたり、流行の洋服を買って着るのは楽しい。洋服は私たち女性が働いたり生きるためのモチベーションになることも多いです。しかし、ときどき思いませんか?「あーあ、流行にまんまと踊らされて、これじゃアパレル業界のいいカモだわ」と。

今日はそんな皆さんのために海外サイト「PROJECTS」より、自分で簡単に作れてしまう斬新で先進的な洋服をご紹介します。……え? 不器用だから自分で作るなんてできない? ミシン持っていない? 大丈夫です! なぜならこれから出てくる洋服は、ただ切り込みを入れるだけで作れてしまうからです!

ポカーンとなった方もいるかもしれませんが、モデルの表情を見てもお分かりのとおり本気です。デザイナーのYitzhak Abecassisさんは、未来においてはこうした服が着られるようになると予測しています。

作品を見てみると、どの服も切り込みを入れるだけで作れるので、ボタンもジッパーも縫い目もまったく必要なくとても着心地がよさそうですね! しかもこの服、生地にネオプレンシートを使っています。ネオプレンとは耐油・耐熱・防寒・保温などにすぐれた合成ゴムですので、これは機能的にも期待が持てそうです。

あとは皆さんがこの前衛的すぎるデザインセンスについて来られるかどうか。しかし、いつの時代も、流行を追うのではなく流行を創り出す存在が真のファッショニスタといえます。レディー・ガガの衣装やヘアスタイルに私たち凡人がいつも度肝を抜かれるのと同じように、皆さんも少し先の時代のファッションを取り入れて流行の先端へ踊り出てみてはいかがでしょう。レディー・ガガをBGMにランウェイを歩くように気取って歩けば、道行く人は皆、あなたのトリコです。

もし万が一、「あれ……どうしたの? まさかの貧ぼっちゃまスタイル!?」と言われたなら、どうぞ、そっとこの記事を教えてあげてください。

寄稿:Pouch

参照元:PROJECTS

▼ハイネックで首元もあったか。しかしお尻は無防備すぎる。

▼縫ってもいないのに、こんなにデコラティブにすることも可能! ドレスアップしたい日にオススメ。

▼昔、「おぼっちゃまくん」という漫画に貧ぼっちゃまという、こんな格好をしたキャラがいたんです。

▼作り方の手順を見たい方は動画をご覧ください。