以前、映画『トロン』に登場するバイク「ライトサイクル」がアメリカで販売されているとお伝えした。販売されているのは、米フロリダのバイクメーカーがスズキのバイクをベースにして制作したレプリカである。

映画ファンは元よりバイクファンからも熱い注目を浴びたのだが、このほど同社は新しいモデルの制作を進めていることを発表したのだ。新型のライトサイクルは完全な電気車両で、環境にも配慮したモデルになっているという。

このバイクの販売を手がけているのは、フロリダの「パーカーブラザーズ・チョッパーズ社」である。同社は2010年の映画公開の後に、スズキの「TLR1000」をベースにライトサイクルのレプリカを制作し、販売を開始した。現地の販売価格は5万5000ドル(約420万円)、決して安い金額ではないのだが、すぐに購入者があらわれた。

その同社が最近、さらに進化したモデルの制作を行っていることを発表。テスト走行している様子をYouTubeに公開したのである。新モデルは電気を原動力とした車両で、最高速度160キロ。15~35分の充電で約160キロの走行が可能とのことだ。

まだ法的な手続きが済んでおらず、販売開始時期等については不明である。これは是非とも日本でも販売して頂きたい。惚れぼれするようなフォルムではないだろうか。

参照元:Youtube ParkerBrosChoppers(英語)