荘厳なつくりの扉を開けると、そこには広くオシャレな家具が並ぶリビング。吹き抜けの天井には、きらびやかに輝くシャンデリア。高層階に広がる豪華な部屋はまさに現代のお城である。

だがこれは城ではない。魔都・上海の一等地にそびえたつ絶賛分譲中のマンションだ。

話題のマンションは全高900メートルの超高層マンション「トムソン・リビエラタワー (中国名:湯臣一品)」。リビングはシックでモダンな造り、浴室は前面ガラス張りの現代風。かと思えば、ダイニングはベルサイユ宮殿を思わせる貴族風。部屋は古今東西の様式が見事にマッチしたデザインだ。

設備に世界各国の名だたる企業の製品が使われているのも目玉。日本企業では三菱やセキスイやダイキンの名が見られる。

フロント、警備が万全なのはもちろんのこと、コンシエルジュ、クリーニング、ルームサービス、フィットネスジム……24時間いたれりつくせりのサービスを提供するのは台湾の有名ホテルグループだ。ハード面からソフト面まですべてが一流。考えつく限りの贅を尽くしたと言ってもいいだろう。

トムソン・リビエラタワーがあるのは上海のシンボルであるテレビ塔・東方明珠から程近い上海随一のセレブ街・陸家嘴(りくかすい)だ。目の前には黄浦江が流れ、対岸には戦前に建てられた西洋建築が建ち並ぶバンド(外灘)が広がる。ライトアップされた姿はタイムスリップしたようで幻想的だ。もちろん駅近とロケーションも抜群である。

気になるお値段だが、全部屋1平方メートルあたり均一価格の16万元(約190万円)。9月22日現在、売りに出ている部屋は434平方メートルなので、価格は6944万元(約8億3500万円)だ。

庶民にすれば目が飛び出る程の価格だが、先に売りにだされた2棟は完売状態。最後の1棟も埋まりつつある。設備・環境・サービスとそれだけ払う価値はあるのかもしれないが……一体どんな人が住んでいるのだろうか。

参照元: Do While(英語)、捜房(中国語)

▼広々としたリビング

▼上から見た様子

▼ダイニングはヨーロッパの宮殿風だ

▼ベッドルームも素敵

▼夜景を眺めながらの入浴は最高だ