中国では大学に入ってすぐ必修科目として軍事訓練がある。大学や年度によって若干の違いはあるが、軍から教官が派遣され、2週間~4週間みっちり集団生活と訓練を行う。男子より体力のない女子にとっては特に辛くて苦しい訓練のようだ。

そんな中彼女らの唯一の楽しみはイケメン教官探し。各校の教官の写真を掲示板にアップし教官自慢にも夢中だ。軍事訓練が終了した先日、ネット上で2011年度イケメン教官グランプリが決定したらしい。

今年度のイケメン教官グランプリと称されているのは湖北省武漢市・武漢工学院に派遣された邱洋(きゅう よう)さん(21才)。彼は責任感が強く厳しい。だが、訓練中にバテそうな学生がいると自分の水筒から水を飲ませてあげたりと学生への目配り気配りもバッチリの優しい青年である。

また、ピアノの腕も一流。イケメンな上に素敵なギャップを持つ邱さんに女子学生はもうメロメロ。話題になってからと言うもの軍事訓練に関係ない学年まで噂のイケメン教官を見に集まっている。

当の女子学生たちは密かに「お兄様」と呼び慕っているそうだ。軍事訓練終了後は花束贈呈に記念撮影の嵐。「私たちは一生お兄様のことを忘れません!」と号泣する者まで現れた。中国でも草食系男子が増殖している中、イケメンな上にいつもシャキッとしている教官に心を奪われてしまったようである。

この騒ぎに別のイケメン教官が赴任している学校は「軍事教官は学生にとって大学に入って初めて会う先生です。不安な中、頼もしくひっぱっていってくれる姿に憧れているのでしょう。軍人を敬うことはいいことです」とコメントを出している。

敢えて若いイケメン教官を派遣しているのだろうかと勘繰ってしまうが……当のイケメン教官は調子づく訳でもなく、粛々と職務を果たしているようだ。

参照元:tt.mop.com鳳凰網(中国語)