お天気の良い昼下がり、カナダのとあるショッピングモールに1羽の鳥さんがやってきました。その背中には大空を飛べる羽があるというのに、彼は歩くことを惜しみません。それどころか、エスカレーターまで利用したのだから、驚きです。

ちょこちょこと、たった1羽でお買いものに来た鳥さんは、おもむろにエスカレーターへ、オン。おそらく彼は、食料品を見るため下の階へ行くつもりだったのでしょう。

ところが、鳥さんに不運が襲います。彼が乗ったエスカレーターは、上り方向。つまり鳥さんは、行きたい方向とは逆のエスカレーターに乗ってしまったのです。

行けども行けども前に進まない景色。それどころか、下からはどんどん人間がやってきて行く手を阻みます。はじめは冷静に、進まないエスカレーターの上をヨチヨチと歩いていた鳥さんでしたが、正面衝突しそうになって危機一髪! ぎりぎりでなんとか難を逃れて、何事もなかったかのようにその場を後にしたのでした。

日本にも、人を恐れず生活環境になじんでしまった鳥さんは、数多く存在します。昔からいる雀をはじめ、カラスやハトなど「図々しい」ともいえるほどに、我が物顔で道路を占領しているのを、きっとあなたも一度は目撃したことがあるでしょう。

けれど、この鳥さんのようにエスカレーターを利用する鳥は類を見ません。しかも鳥さん、超リラックスした様子。冗談ではなく、本当に地下の食品売り場に買い物に行こうとしたのではないかと疑ってしまうほどです。

この動画を投稿したのであろう男女は、この鳥さんを見てこんな会話をしています。「あの子、あのままじゃどこにも行けないわね」「だってどこにいるかもわかってないんだよ」。

いえいえ、きっと鳥さんはわかっていたのです。わからなかったのは、エスカレーターが決して前に進まないという事実のみ。間違えることなく下りエスカレーターに乗っていたならば、彼は無事地下へと辿りつき、優雅にフロアを闊歩したことでしょう。

寄稿:Pouch
参照元:asylum.co.uk(英文)

▼エスカレーターに乗る鳥さん