人気韓流スター「グンちゃん」ことチャン・グンソクには、以前から整形疑惑が持ち上がっていた。鼻筋の通った高い鼻が「もはやアジア人の高さじゃないだろう!」と言われ、鼻整形の噂がネット上を賑わせたことがある。一旦は静まったかに思われたのだが、日本で空前のグンちゃんブームが巻き起こったため、この疑惑が韓国で再浮上しているのだ。

そんななか、日韓両国で多忙を極める彼が、14日に韓国で放送されたトークショーに出演。そこで「整形をしたのか?」という質問が投げかけられたのである。

この質問について彼は「この質問、やっぱりきましたね!」と余裕の笑みを浮かべると「絶対にやっていません!」と断言。そして「ここで証明してみせますよ」と、ブタ鼻をしてみせたのだ。

通常、鼻を整形すると、両穴の間に切り込みを入れるため、傷が残ったり不自然な線が現れたりするそうだ。それらの痕跡が自分には無いことを証明するため、鼻を上に吊り上げて「ブタ鼻だってできますよ!」と得意げな表情を見せたのだった。

この放送直後、韓国の大手ポータルサイトでは検索語上位に「チャン・グンソク整形」がランクイン。ネットユーザーらは「整形したと思っていた」としながらも「ブタ鼻でも、とりあえずイケメン」、「イケメンは何しても大丈夫」と口を揃えている。

整形大国といわれ、一般人の整形手術も珍しくない韓国。しかしスターの整形となると、ビフォアー&アフター写真まで掲載され、一騒動が起きてしまう。たとえ「イケメン」と呼ばれる大スターでも、気苦労が絶えないようだ。

参照元:dongA.com(韓国語)