5秒ルール、それは食べ物を床に落としてしまっても5秒以内に拾えば食べても大丈夫! という食いしん坊にとっては魔法のような言葉である。誰が始めたのか、今ではこのルールに従っている人は少なくないようだ。人によっては3秒ルールを取り入れているかもしれない。

しかし、実際のところ「食べても大丈夫」な根拠があるわけではなく、気が引けながらもやっていたという人だっているのではないだろうか。そこで、このルールに関していくつかの検証を試みた研究者たちがいるので、その内容をご紹介したい。

彼らはまずグミを用いて、床に落としてから5秒後にバクテリアがつくかどうかを試した。結果、たったの5秒でも多少なりとも細菌が付着することが判明。

次に、あらかじめサルモネラ菌を付着させておいた板にパンを置き、時間によって菌の数にどのような変化があるかを検証した。開始5秒後には、いちばん多い部分で8000もの菌がパンについており、1分後にはその数は10倍に増えていたという。

研究者らによると、「そもそも細菌を繁殖させたところにパンを置いているので菌の付着は避けられないが、少なくともこの結果から、落とした食べ物はできるだけ早く拾ったほうが菌の数は少ないと言える」とのこと。

さらに、彼らは食べ物の水分量で差があるかどうかを調べるため、りんご一切れとアメ玉を床に置いてみた。すると、水分量の多いりんごのほうが菌の繁殖時間が5倍速かったという。

これらの結果を踏まえて、これまで5秒ルールを採用していたみなさんは、今後食べ物を落としてしまったときどうするだろうか。3秒ルールに変更する? それとも2秒? いずれにしても、○○秒ルールはあくまでも自己責任なので気を付けていただきたい。

参照元:io9(英文)