「サーカス・アーティスト」という職業をご存知だろうか。これは卓抜した身体能力と、長い訓練の末に芸術の域まで曲芸を極めたアーティストのことをいう。たとえば、世界的に知られるエンターテイメント集団『シルク・ドゥ・ソレイユ』に所属するパフォーマーたちもサーカス・アーティストだ。

最近、Youtubeでとある一人の女性が脚光を浴びている。彼女はフラフープ・マスターであり、いくつもの輪を自在に操って、素晴らしい技の数々を披露しているのだ。

注目を集めているのは、同団体の本拠地であるカナダ・ケベック州在住のジェイド・ダサルトさんだ。彼女は幼少の頃から、曲芸の専門学校に通っており、幼くしてその才能を開花させた。同州に設立されたサーカス学校に通い長い訓練を重ね、サーカス・アーティストならびにフラフープ・マスターとして認められたのである。

当然ながらシルク・ドゥ・ソレイユでの公演経験も持ち、そのほか『シルク・マニフィーク』や『シルク・ファンタスティーク』など、カナダを代表するサーカスには、必ずと言って良いほど出演している。

その彼女が最近、来年開催されるジャグリングの祭典『Turbo Fest 2012』のためにYoutubeに動画を公開した。映像を見ると、彼女は公演の噴水でたわむれながら、いくつものフラフープを巧みに操っている。さすがフラフープ・マスターの称号を与えられるだけあって、その技は美しい。彼女の身体能力の高さに圧倒されるのである。

それにしても素晴らしい技の数々。彼女の手にかかれば、フラフープがまるで生き物のように見えてくるから不思議である。

参照元:Youtube oscillia