9月5日、アップル社の新商品について驚くべき事実が発覚した。その事実とはiPhone4の後継機、つまりiPhone5に関するものだ。ドイツの通信事業者「Telekom」は同日に、顧客に対して要望があれば、予約を行うと発表した。正式な発売日については、まだアップル社からも発表されていない。それにも関わらず、予約を行うと発表し、海外のIT系メディアは驚きを隠せない様子だ。

この発表は同社の広報部が行ったものだ。それによると、「要望があれば、iPhone4の後継機モデルの予約を開始する」と発表した。しかしながら、留意しなければいけない点がある。まず発売日が明確でないこと。そしてもうひとつ、製品名が挙げられていないことだ。iPhone4の後継モデルとしているものの、iPhone5と明言していない。

おそらくはiPhone5と見て間違いないのだが、海外メディアは警戒感を持っているようだ。だが、このアナウンスを機に、アップル社はなんらかのリアクションを行うものと推測されている。

いずれにしても、ヨーロッパおよび北米で事業を展開する大企業の広報からの発表であるだけに、かなり信憑性は高いものと思われる。1日も早く、正確な情報をアップル社から発表して頂きたいものである。

参照元:TNW(英語)