恐竜の生きている姿を見ることは、子どもならず、多くの大人の夢でもある。現在様々な科学分野で恐竜を蘇らせようとする研究が進んでいるのだが、その実現がいつになるかは未だ分からない。ということで今回、本物ではないが、それに極限に近い恐竜スーツをご紹介しようと思う。

これはアートバルーンや造形物を制作している日本の会社「ON-ART」が作ったもので、アメリカでも特許を取得している完成度の高い代物だ。

この恐竜スーツは見た目も超リアルなのだが、なんと言ってもその動きが恐竜そのものなのである。スーツというくらいだから、中に人が入って操作するものなのだが、YouTubeの「Dinosaur appeared !! Produced by ON-ART (T-Rex, Allosaurus, Stegosaurus, Triceratops, Raptor) 」という動画に映し出される、人に嚙み付いたり、しっぽで襲いかかったりする様子は本物の恐竜を見ている感覚にさえ陥らせる。

ちなみにこの「ON-ART」は恐竜以外にも、漫画『ONE PIECE』のオーズや巨大スパイダーマンのアートバルーンも作っており、どれも見る人をワクワクさせる素敵なパワーを秘めている。

「ON-ART」の手によって、時代を超え蘇った恐竜たち。外から見るのもいいが、中に入って恐竜の気持ちを味わってみるのも、これまた格別なものなのかもしれない。

(文=田代大一朗
参照元:io9(英文), Youtube/OnArtUSA

▼こうやって中で人が操作している

▼こちらがその恐竜スーツを映した映像