以前、パートナーの位置情報をパソコンで把握するAndroidアプリ「カレログ」についてご紹介しました。これは相手のAndroid端末にアプリをインストールするだけで、位置情報・バッテリー残量・通話記録を把握することができるというものです。相手の情報が手に取るようにわかる、驚くべきアプリであるために、インターネットユーザーからは「怖い」との意見が相次いでいます。

もしもアプリをインストールされてしまった場合の対抗策(?)となるアプリをご紹介しましょう。このアプリがあれば、位置情報を偽装でき、あらぬ疑いをかけられずに済むかもしれません。

そのアプリとは「Location Spoofer」です。Androidに関する情報を伝える「Android Amart」によると、「Location Spooferで好きな位置を指定すると、GPSから取得される位置情報が指定した位置にすり替わるぞ」とのこと。

擬似ロケーションを許可し、「位置情報とセキュリティの設定」でGPSの使用を開始すると、自分が指定した場所が位置情報として送信されます。さらにすごいことに、このアプリは分単位で送信頻度を設定できます。

できるだけ隠し事は少ない方が良いのですが、勝手に位置情報を収集されたく方は一度お試しになると良いでしょう。

寄稿:Pouch
参照元:Android smart