中国国営テレビ中央電視台のニュース番組で、生放送中にアナウンサーが批判的なコメントをしたところ、突然画面が関係ないものに切り替えられるという事件が起こった。すぐに元のニュース画面に戻ったが、そこに映し出されていたのは美人アナウンサーが中指を立て抗議する姿だったという。

ニュース番組内で報じられたのは中国・天津市の近海・渤海(ぼっかい)の油田で起きた原油流出事故について。この事故は発生してから半月後にようやく国外に公表された。原油回収作業の状況についても報道は二転三転しているらしく、当局による事故の隠蔽ではないかと指摘されている。

この事故処理について美人アナウンサーが「石油の採掘を担当していた康菲(こうひ)石油中国は法的責任を取るべきです。まず我々が捨てなければならないのは・・・・・・」とコメントしたとき、突然画面がニュースとは無関係のものに切り替わった。彼女のコメントはどうやら「不適切」と判断されたようだ。

原油流出事故についての報道はそこで打ち切り。約5秒後、画面が元のスタジオに戻ったとき、アナウンサーの右手にはなんと中指が立てられていたそうだ。問題のシーンを確認したところ彼女は右手の親指と人差し指でペンをはさみ、薬指と小指は閉じた状態であった。

わかりにくいものの、確かに中指を立てている。そして抗議するかのようにその指を上下に振り、次の瞬間少し笑顔になったあと、淡々と次のニュースを読み続けた。

彼女の「抗議」はわずか1~2 秒。しかし、中国の市民はそれを見逃さなかった。これに対してインターネットユーザーは「明らかな差し替え。プロデューサーの指示か」や「テレビ局は石油会社と仲良しらしい」とテレビ局の対応を批判。

また同時に「彼女には良識がある」や「なんて優雅な抗議」、「よくやった!」と女性アナウンサーを大絶賛だ。この一連の行動によって彼女が抗議の意思を示したかどうかは不明である。だが、その表情からは明らかな不満の色を見てとることができる。

中国でのインターネットの普及状況から見て、中国市民、特に若い世代のネットユーザーは情報が操作されていることを全く知らないとは言いがたい。今までは「仕方がない」で済まされてきたが、ここに来て当局の対応に強い違和感を持ちはじめているようだ。

参照元:Youtube dingdingouful今日新聞網(中国語)