ケータイやスマートフォンを落とし、悲しい経験をしたことはないだろうか。購入したばかりの新品を落とした日には、目も当てられない。機器が壊れるだけでなく、大切なデータを失う可能性さえある。

その危険性を少しでも減らそうと、インターネット通販サイト「amazon.com」の創始者ジェフ・ベゾス氏が、画期的な発明の特許を申請していたことが明らかになった。その発明とは、モバイル端末専用のエアバッグである。

ジェフ氏が特許申請を行ったのは2011年の2月のこと。最近になって、申請した内容の詳細が明らかになった。

米特許庁に申請された書類によると、この装置にはジャイロスコープと速度を感知するセンサーが備えられている。モバイル端末に危険が生じると、カートリッジ型のエアバッグが膨張。さらにスプリングが飛び出して来て、機器の損壊を防ぐそうだ。

とても画期的な安全装置ではあるのだが、海外のインターネットユーザーからは、「無駄な空想」と冷ややかな意見も寄せられているという。いずれにしても、モバイル機器の落下事故を未然に防いでくれることには違いなさそうだ。是非とも実用化して頂きたいものである。

参照元:ALLVOICES(英文)