世界中のデザイナーが、未来の車をイメージしてさまざまなコンセプトデザインを公開している。また新たに、カーデザイン業界に一石を投じる画期的なコンセプトカーが注目を集めている。

この車両は、車体が魚のウロコのようになっており、走行に合わせてフォルムが変化するという自動車。しかもタイヤもウロコ状になっており、道を選ばずに走行できるようである。

このコンセプトカーは、デザイナーDa Feng氏が手がけたもの。彼は、空気力学の要素を積極的に取り入れたカーデザインをすることで知られている。最近になって「Flake Project」を立ち上げ、注目を集めているのだ。

車体全面に張りめぐらされているのは、航空機に翼に取り付けられたスポイラー(リフトバンパーとも呼ばれる)と同じ機能を持つもの。車の空気抵抗に合わせて、独立して調節することが可能。

しかも、タイヤも従来のものと異なり、スポークのついたウロコのようになっている。これにより悪路でも走行ができるようだ。実用化については不明なのだが、ぜひとも実物をこの目で見てみたいものである。

(文=荷車大八)
参照元:Pretending Pretentious(英文)