公平な勝敗のつけ方として使われてきたコイントス。しかしその公平さに疑問符を打つある発見がなされ、現在多くの人に衝撃を与えている。

その発見とはコイントス前に上を向いている面は、51パーセントの確率でコイントス後も上を向くというもの。これを発表したのはペルシ・ディアコニス氏をはじめとする研究チームで、彼らはコイントスができる機械とそれをスローモーションで撮影するカメラを使い、今回の発見に至った。

彼らによれば機械でコイントスを行えば、表と裏が出る確率は従来言われてきた通りの50%-50%になるらしい。しかし機械のように精密な動きができない人間の手でコイントスをすると、コインが1本の回転軸ではなく、複数の回転軸をもって回転し、これが結果としてコイントス前に上を向いている面をコイントス後も上にさせているという。

この現象はコインの材質に関係なく起こるらしく、実際に一面がバルサ材、そしてもう一面が金属で作られたコインを使い実験したところ、上記の発見と同じような結果になった。

今までの常識を大きく覆す(くつがえす)今回の大発見。この情報を上手く使えば、今後のコイントスの勝率だけでなく、人生の勝率さえ上がることができるかもしれない。
(文=田代大一朗

参照元:io9, The Washington Post(英文)