いまや伝説のバンドとして語り継がれる『ニルヴァーナ』。1994年にギターヴォーカルのカート・コバーンが自殺するまでの間、世界の音楽シーンに多大なる影響を与え、いまだに彼を崇拝するミュージシャン・音楽ファンは数多くいる。

シーンで彼らの存在を確固たるものにした2ndアルバム『NEVER MIND』の発売から今年で20年。それを記念して、アメリカの音楽誌が、この作品のトリビュートアルバムの無償提供を開始した。

この太っ腹な企画を行っているのは、米音楽誌の「SPIN」だ。同誌は1985年より毎月発刊している音楽フリーペーパーで、その時々の旬のアーティストを取り上げ、詳しく紹介している。

最新号では、ニルヴァーナの同作を「すべてを変えたアルバム、発売から20周年」として特集しており、この作品が今にもたらす意味について探求している。誌面とFacebookを連動して、トリビュートアルバムのダウンロードを開始したのである。トリビュートに参加しているアーティストは次の13組だ。
 
【 NEVER MINDのトリビュートアルバム『NEWER MIND』の参加アーティスト 】
1.
Meat Puppets 「Smells Like Teen Spirit」
2. Butch Walker & The Black Widows 「In Bloom」
3. Midnight Juggernauts 「Come as You Are」
4. Titus Andronicus 「Breed」
5. The Vaselines 「Lithium」
6. Amanda Palmer 「Polly」
7. Surfer Blood 「Territorial Pissings」
8. Foxy Shazam 「Drain You」
9. Jessica Lea Mayfield 「Lounge Act」
10. Charles Bradley and the Menahan Street Band 「Stay Away」
11. Telekinesis 「On a Plain」
12. JEFF the Brotherhood 「Something in the Way」
13. EMA 「Endless, Nameless」
 
無料ダウンロードするには、SPINのfacebookページに参加するだけで可能だ。その後に自分のメールアドレスを登録すると、ダウンロードページのアドレスが送られてくるので、そこから作品を入手することができる。

果たしてこのトリビュートは、世界を変えた作品の20年目の答えになっているだろうか。是非、ご自分の耳で確かめて頂きたい。

文=縁花花道
参照元:facebook SPIN