7月7日、米カンザス州で「ビッグフット」と見られる謎の生物が撮影された。この映像は、キャンプに訪れていた家族によって撮影されたものである。

しかし、どことなく緊張感に欠ける映像で、海外のインターネットユーザーからは偽物ではないかとの指摘が相次いでいる。

この動画は、同州のオーサワトミーのキャンプ場で撮影されたものだ。敷地のフェンスの向こう側の木陰に、毛むくじゃらの生物が二足歩行している。

家族はそれが何であるのか理解できず、騒いでいる様子が音声で記録されているのである。だが、あまりにもしっかりした足取りであり、人がぬいぐるみを着て歩いているようにも見える。

また、子どもが「あれは何?」と問いかけると、母親がすかさず「ビッグフットよ!」と回答している。未知の生物に遭遇しているはずなのに、これほど断定的に答えを示せる人がいるだろうか。

この動画について、海外のネットユーザーからは「これは偽物だろ」、「ひどいな、恐ろしいほど下手くそな演技だ」、「おい、よく見ろよ、36秒辺りで養蜂家の蜂避けの服だってわかるだろう」など、ほとんどの人がビッグフットであるとは信じていないようだ。

残念ながら、これを本当のビッグフットであると信じる人は少ないのではないだろうか。人間と見るのが妥当かもしれない……。

参照元:Youtube