7月10日、中国・四川省の成都市で、偽タクシー摘発の瞬間を防犯カメラが捉えた。このドライバーは、交通警官の制止を振り切り、なんと警官に体当たりをして逃げようとした。間一髪でボンネットに飛び乗った警官を乗せたまま、走行して逃げようとしたのである。

ところがこの事態に気付いた正規のタクシーやバスがこれに参加。偽タクシーの走行を遮って、さらに無関係な市民まで集まる大騒ぎになった

この事件は同日18時半頃、同市の中央を東西に走る羊市街の公道で発生した。事件の一部始終を、備え付けられた防犯カメラが記録していたのである。

公開された動画では、2台のタクシーが画面向こうから走ってくる様子が写っている。ところが、この2台が突然徐行。というのも、反対車線を走行するはずの車が、この2台の正面から走ってきたのだ。

しかも、ボンネットには制帽を被った交通警官が乗っている。2台のタクシーは事情を飲み込めない様子で、道を空けることに。

今度は後方から走ってきたバスが非常事態であることを察知したらしく、警官の乗った車の走行を阻む。遅れて、1台のタクシーが猛スピードでバックをして、完全に走行不能にさせたのである。

後の調べで、この車は偽タクシーであることが判明。ただちに業務を止めるように促そうとした交通警官は、正面突破を食らいボンネットにしがみ付いて制止させようとしていたのである。

なお、交通警官がけがを負ったのかどうかは不明だ。それにしても、バス・タクシーが加わっての大捕り物。集まってきた無関係の市民の数は、相当なものだ。おそらく、事情もわからずに参加していた人も多いのではないだろうか。

参照元:M.I.C gadget(英文)