海外で、とんでもない方法で絵を描くアーティストが話題を呼んでいる。その方法とはなんと嘔吐だ。彼女は自身を嘔吐画家と位置づけており、色付き牛乳を飲み、白いキャンバスの上に絵を描いている。かなり奇抜なアーティストではあるのだが、彼女の作品は数千ドルの値が付くという。

彼女の名前はミリー・ブラウン。おそらく世界で唯一の嘔吐画家である。かなり珍しい手法で絵を描いているのだが、実は昨年とあるミュージシャンにお墨付きを頂き、世界的に知られることとなった。そのミュージシャンとはレディー・ガガだ。

ガガの「モンスターボールツアー」の演奏の合間に流された映像に、彼女は出演しているのだ。真っ白なドレス姿のガガの膝の上に乗り、青く色づけされた牛乳を吐いているのである。

嘔吐で描かれた絵を買うような人はいるのだろうか。甚だ疑問になるのだが、実際に買い手はいるという。しかも数千ドルの高値で購入されるのだとか。4月に、制作風景を記録した動画を公開したのだが、そのときに手掛けた絵は2400ドル(約14万円)で買われたそうだ。

ちなみに制作風景の動画がYoutubeに公開されている。色付きの牛乳を飲み、キャンバスに吐く様子は、とてもきれいなものとは言えない。また、見ていてあまり気持ちの良いものではないことは確かだ。それでも、絵を描く様子を見てみたいという方は、動画をご覧頂きたい。ただし、あくまでも自己責任で。食事中には絶対に見ないことをお薦めする。

参照元:ODDITYCENTRAL(英文)