このほど、世界有数の経済史『フォーブス』が、世界のミュージシャンの年間収益ランキングトップ25を発表した。近年活躍の目覚しいレディ・ガガやジャスティン・ビーバーは上位にランクインしているものの、1位ではない。ナンバー1の座に輝いたのは、世界一のツアー売り上げを達成した、あのバンドである。

このランキングは昨年5月から今年5月までの収入を元に作成されたものである。そのなかには純粋なセールスのほかに、弁護士、マネージャー、プロモーター、エージェントなどの取り分も含まれているとのことだ。以下がトップ25のアーティストと、それぞれの売り上げである。
 
2011年、もっとも稼いでいるミュージシャントップ25 (1ドル80円で計算)

1位 U2  156億3500万円
2位 ボン・ジョヴィ 100億2200万円
3位 エルトン・ジョン 80億1800万円
4位 レディ・ガガ 72億1800万円
5位 マイケル・ブーブレ 56億1400万円
6位 ポール・マッカートニー 53億7300万円
7位 ブラック・アイド・ピーズ 48億9200万円
8位 イーグルス 48億1200万円
9位 ジャスティン・ビーバー 42億5060万円
10位 デイヴ・マシューズ・バンド 40億9020万円
11位 トビー・キース 40億1000万円
12位 アッシャー 36億8920万円
13位 タイラー・スウィフト 36億770万円
14位 ケイティ・ペリー 35億2750万円
15位 ブラッド・ペイズリー 32億680万円
16位 トム・ぺティ&ザ・ハートブレイカーズ 30億4650万円
17位 Jay-Z 29億6630万円
18位 AC/DC 28億600万円
19位 ショーン・コムズ(パフ・ダディー) 28億600万円
20位 ビヨンセ 28億600万円
21位 ティム・マクグロウ 28億600万円
22位 ミューズ 28億600万円
23位 ラスカル・フラッツ 27億2500万円
24位 ケニー・チェズニー 24億450万円
25位 リハンナ 23億2440万円
 
という結果となった。1位のU2は、2009年7月から始まったワールドツアーが最近終了(途中、ボーカルのボノが手術を受ける事態が発生した)。その興行収入がローリングストーンズの記録を抜き、世界一となった。この1年で1位に輝いたのも、このツアーの成功によるところが大きいようだ。

ちなみに同誌は、2位ボン・ジョヴィのボーカルであるジョン・ボン・ジョヴィの言葉を引用して、こう紹介している「ろうそくが部屋中の酸素を吸い付くす前に火を消して、アンプのボリュームを上げれば、我々はロックバンドになれる」。つまりは、収益を上げることばかりに囚われていると、バンドとして窒息死してしまうと言いたいのだろう。

世界指折りの売り上げをたたき出すバンドになったにも関わらず、彼は不機嫌なのだとか。売れるミュージシャンに成長すれば、それに伴って難しい問題を抱えてしまうようだ。

参照元:Forbes(英文)