中国ノキアが香港で、最新版「x7」を発表会を行った。会場には、映画『トランスフォーマー / ダークサイド・ムーン』のプロモーションを兼ねて、同作の登場キャラクターのオプティマス・プライムとスタースクリームが姿を現した。

最新携帯電話と最新映画の強力タッグで、注目が集まったのだが、現れた2人のキャラがお粗末だったために、「不要だったのでは?」との声が上がっている。

ノキアが発表した同機は、最新版のスマートフォンOS「Symbian」を搭載しており、800万画素のカメラを備え、ビデオの再生・撮影、音楽再生などを得意とするモデルである。4インチのAMOLED(アクティブマトリックス型有機発光ダイオード)ディスプレーの実力が注目された。

発表会の会場には、6月29日よりアメリカで公開されるトランスフォーマーのオプティマス・プライムとスタースクリームが登場。同機と映画の共同プロモーションの一環で、姿を現したのだが、現地メディアからは疑問の声が上がった。

というのも、手作り感アリアリのトランスフォーマーに、「今回の発表会に、必要なかったのでは?」との指摘がある。中国の情報サイト「M.I.C gadget」は、「カメラの前でチーズ! という以外に、役割がない」と、批判しているのだ。一応変形はするものの、取り立てた魅力は感じられない。

ちなみに同機の購入者には、映画の映像特典がプリインストールされており、公開前に視聴できるそうだ。また、無料招待券もプレゼントされるとのことである。変形するとは言え、ややみすぼらしい感は否めないだろう。

参照元:M.I.C gadget(英文)