おはようございます。さてさてみなさん、今日は何の日だかご存知ですか? 5月24日だからゴーニーヨン、ゴニョゴニョだから「ナイショの日」?

いいえ、それは違います。だけどある意味、「内緒」の日なのかも知れません。なんと今から111年前にあたる1900年(明治33年)の5月24日は、日本の大衆浴場で12歳以上の男女の混浴が禁止された日なのであります!

そもそも明治時代より前、江戸幕府の時代にも混浴禁止令は出ていました。しかし、なかなかルールは守られず。その後も何度か同様の禁止令は出されましたが、やっぱりルールは守られず。なんでも女性のほうが積極的で、風紀を乱すような行いもあったといいいます。

しかし、時は幕末、ペリー来航。外国人にとって日本人の混浴文化は野蛮に見えたそうで、幕府に苦言。その声にこたえるかたちで、本格的な混浴禁止を発令したのだそうな。

それにしても、混浴が当たり前だった昔のお風呂屋さんって……ドキドキするくらいに刺激的ですよね。もしもタイムマシンがあったら、真っ先に一風呂(ひとっぷろ)浴びたい気持ちになってきます。

(文=京野こよみ)

写真:flickr some of rebecca’s photos