わずか8歳で、途方もないバンジョーの演奏テクニックを持つ8歳の少年が、インターネット上で注目を集めている。彼は、2人の兄と共に3人でバンドを組んでおり、すでにプロとして活動しているのだ。兄弟ならではの息の合った演奏は、聞いていてとても心地よい。最近Youtubeで動画の公開を始めたようなのだが、高い演奏技術に多くのネットユーザーを魅了されているようだ。

ジョニー・ミッゾーニくん(8歳)はバンジョー奏者だ。ロビーくん(11歳:バイオリン)とトミーくん(13歳:ギター)の3人でブルーグラスバンドの「Sleepy Man Banjo Boys」結成している。ブルーグラスとは米南部のカントリーミュージックで、彼らの住む地域でも、広く親しまれている音楽ジャンルのひとつだ。

彼らは若いながらも素晴らしいテクニックを持っており、息の合った演奏を披露している。特にジョニーくんは、速い曲もスイスイと弾きこなし、2人の兄を上回る存在感を放っている。ブルーグラスは、バンジョーがリードを取ることが多いのだが、決して役不足ということはなく、むしろグイグイと引っ張っているのだ。

ちなみに、間もなく初めてのCDが発売されるとのことで、今後さらなる活躍が期待される。それにしても、ジョニーくんをはじめ3人の兄弟の実力には、ただただ驚かさせるばかりだ。

参照元:Youtube /