プライバシーを守るために、個人を特定できないように写真で目隠しをすることを「目線を入れる」という。顔立ちは何となくわかっても、目を隠されると誰であるのかわからなくなってしまう。

通常は撮影した写真を、あとから加工して目だけを隠してしまうのだが、撮影前から目線を入れられる便利なファッションアイテムがある存在するのだ。

そのファッションアイテムとは、「Embarrassing Photo Protective Sunglasses」というサングラスである。レンズが長方形で、かけるだけで目線を入れたようになってしまう。これを着用して写真を撮れば、画像加工することなくプライバシーは守られるのである。

誰かに激写されても大丈夫。インターネット上で暴露されても、誰であるのかわからない。ちなみに幅は約18センチで、顔の広い人でもスッポリ隠れるはずだ。販売価格は約1000円、これでプライバシーが守られるとすれば、随分安い買い物ではないだろうか。

秘密が多いという人は是非、購入を検討して頂きたい。ただし、奇抜なサングラスであるために、かえって目立つ可能性も否定できないのだが……。

参照元:URBAN OUTFITTERS(英文)