2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震。未曾有の大地震となり、東北地方を中心に大混乱へと陥(おとしい)れ、関東圏でも仕事中のサラリーマンやOLたちが野外に避難する姿を多く見かけた。

そんな大地震に揺れる東京都心に、UFOが現れた可能性があるのだ。強い余震が続く東京都心で18時ごろ、星以上にギラギラと激しい光を放つ発光体が出現。空中で数分間浮遊したのち、スーーーッと空の彼方へと消えていったのだ。そのUFOの姿を、HD画質で撮影に成功した(編集部から撮影)

飛行機なのでは? ヘリコプターなのでは? 金星なんじゃないの? いろいろと可能性を探ることはできるが、この発光体はどのパターンにも当てはまらない挙動をしている。

まず、長時間同じ場所に浮遊していたので、飛行機ではない。ヘリコプターならば同じ場所を浮遊することはできるが、消える瞬間が凄まじく早く、スーーッと光が遠のいていくのがわかった。そのような動きをヘリコプターはできない。

金星や水星などの光が強い星なのではないかと思ったが、星が動くように消えたり、瞬時に消えるはずがなく、少なくとも星ではない。星に雲がかかると動いたり消えたように見えることがあるが、発光体が浮遊していた場所には雲がない。

大停電や大地震が発生すると、UFOや謎の発光体が目撃される例が多いが、もしかすると今回もその例と同じく、大地震のようすを観察するかのようにUFOが飛来したのかもしれない。もしくは、プラズマのような自然現象だろうか? その真相は謎のままだ。

ちなみに東京をメインとした関東圏ではUFOがよく目撃されるようで、当編集部は以前にも東京都新宿区でUFOらしき飛行物体の撮影に成功した。皆さんも、夜空を眺めるとUFOらしき飛行物体を発見することができるかもしれない?

写真: ロケットニュース24.