みなさんは料理で「なめこ」を使うとき、水洗いしますか? それともそのまま使いますか?

実は先日、なめこが原因で主人と大げんか、離婚の危機にまで至りました。ことの発端は、私がみそ汁用になめこを水洗いしていた時。それを見た主人が「なんで洗うんだ! ぬめりが取れちゃうだろうが! ぬめりが重要ッ……ぬめりに栄養が入ってるんだろうが……なめこイコールぬめりだろうがぁっ!」と烈火のごとくブチギレたのです。

それに対し、私は「何がおかしいかっ! なめこは水洗いすんのが常識でしょうがっ! パッケージにも『本品は生ものですので、水洗いのうえ、加熱してお召し上がりください。』って書いてあんだろっ! ホレ、よく見てみぃっ! どこに目ぇついとんじゃボケ!」と反論。

結局その日は腹が立ち、具なしの「素みそ汁」のみを夜食にしたところ主人は激昂。「なめこのなんたるかをわかってない!」、「どんな教育受けてきたんだ!」などと派手にケンカをし、離婚の危機にまで至ったのであります。果たして正解はどちらなのでしょうか?

インターネットで検索してみたところ、やはり同じような悩みを持つ人は多いようで、様々な質問・回答が見つかりました。しかし「洗う派」と「そのまま派」、それぞれが存在し、どちらが正しいのかは分からぬまま。ということで、パックのなめこを販売しているメーカー2社に問い合わせてみました。すると意外な答えが返ってきたのです!

まずはパックに「本品は生ものですので、水洗いのうえ、加熱してお召し上がりください。」と書いてあるメーカーA社からの回答から。

基本的には洗ってお使いいただくことを推奨しております。というのも、出荷前にこちらでも洗浄はしておりますが、もしかしたら小さなゴミなどが付着している可能性もあります。そのような理由のため、念の為に、ざる等を使ってサッと水洗いしてお使いいただいた方がよろしいかと思われます。お湯にくぐらせていただきますと尚良しです」

とのこと。そのままでもOKですが、念のために……ということらしいです。

次はパックに「本品は、必ず加熱調理してご使用ください。」と書かれているB社からの回答。

「実は、あまりご存知でない方も多いのですが、なめこは基本的に生で食べるものではありません。湯通し、もしくは茹でるなどして、加熱処理をして食べるものです。お味噌汁などでは、そのまま入れてもらってもかまいません。水洗いというよりも、加熱処理をしていただくことが重要です」

とのこと。さらに!

「なめこおろしなど、たとえそれが冷たいものでも、ざるなどでサッと湯通ししてからお使いいただくことを推奨します。『ぬめりが取れてしまう』と思いの方も多いかもしれませんが、実はなめこは湯通しなど、加熱処理をしたほうがぬめりが強く出るのです」

と!

結論としてメーカーによって様々なルールがあるようですが、共通しているのは「湯通しを推奨」ということ。みそ汁に入れるときも、安全策でサッと湯通しするのが良いのかもしれませんね。

寄稿:Pouch

写真:POUCH編集部