以前、木製のパチンコ・ロングライフルを自作した男性についてご紹介したのだが、その彼がまたもとんでもない代物を作り上げた。彼の新作は、強力な威力を持つうえに、連射可能なガトリング・スリングショットだ。備えられたギアをゆっくりと回すだけで、9発もの弾が打ち込めるのである。

この驚くべき代物を制作したのは、ヨルグ・スプレーヴさんだ。彼は過去に、2弾式スリングショットや散弾式スリングショットを制作しており、それらのデモンストレーションをYoutubeに公開している。海外のネットユーザーの間では、「パチンコ界のマッド・サイエンティスト」として有名である。

その彼の新作は、銃身回転式のガトリングガンだ。銃の右側に取り付けられたギアを回すことによって銃身が回転し、ゴムが弾かれる仕組みになっている。

デモンストレーションではダンボールを標的にしているのだが、一度に9発ものパチンコ弾が繰り出され、ダンボールはまさしく蜂の巣

スキンヘッドで柔和な笑みを浮かべるヨルグさんは、嬉しそうに銃の説明をしているのだが、銃の破壊力を見ると、その笑顔が恐ろしくさえ感じられる。パチンコとは言え、十分に危険であることに間違いない。絶対にまねしないように、注意して頂きたい。

参照元:Youtube / JoergSprave