最近は街で見かけることが少なくなってしまった、UGG(アグ)ブーツ。ずんぐりむっくりとしたフォルムが、なんだかコロボックルみたいな雰囲気で可愛らしく、しかも冬場は暖かく夏場は涼しい(?)ということで、女の子の間で大人気でした。

あんなにも独特の雰囲気を醸し出していたUGGブーツって、いったいなんだったんでしょう。そこで、ちょっと意外なUGGブーツの歴史を調べてみました。

海外サイト「OMG facts」によると、始まりはなんと1920年代のオーストラリアにまで遡ります! 羊毛刈りをする人々が、羊の毛皮で足を包み込んでいたのが始まりなのだそうです。この不恰好なブーツを「Ugly Boots(ダサいブーツ)」と呼んでおり、彼らは徐々に短縮して「Ugg Boots(アグブーツ)」と呼ぶようになったそうです。

1930年代には第一次世界大戦で戦闘機のパイロットたちが、機内で体を暖かく保つために使われていたのだそう。1960年代になると、この頃からオーストラリア西海岸にある都市パースのサーファーやスイマーたちが、水から上がったあと足を冷やさないようにと愛用するようになります。(ということは「夏涼しく履ける」という認識、ちょっと違うようです)。その後、1970年代には極寒の雪山でも活用されることに。
 

さらにその後、1978年にオーストラリアのサーファーが初めてUGGをアメリカへと持ち込み、1995年にはカリフォルニアのサーファー達の間でもそのブーツが広く使用されるようになっていきました。2003年、ハリウッド女優のケイト・ハドソンやシエナ・ミラーらが履いたことで一躍注目を集め、ファッション業界へと進出。これをきっかけに一般の人々にも広く浸透していったようです。

農夫、戦闘機のパイロット、そしてサーファーに、果てはセレブから一般層へという、なんとも意外な歴史をたどって今に至っているんですね。まさかこんなところからファッションの流行が始まるなんて、農夫達も考えもしなかったでしょう。こんなに興味深い歴史を持つUGGブーツ、これからも活躍しそうです。

寄稿:Pouch

参照元:omg-facts.com

画像:flickr=UggBoy♥UggGirl [ PHOTO // WORLD // SENSE ]