レッド・ツェッペリンやメタリカなど、世界的に有名なバンドが、意外にも他のミュージシャンの楽曲の一部を使用している事実をご存知だろうか? そのアーティストをリスペクトして、讃えるために使用しているのであれば良いのだが、実のところ、露骨に盗用してしまっている楽曲が存在する。そのいくつかをご紹介しよう。

この内容は、アメリカの芸能事情を紹介するブログ「CRACKED.com」に掲載されていたものだ。それによると、超有名ミュージシャンのパクリについて指摘しているのである。

【超有名ミュージシャンのパクリ】

[レッド・ツェッペリン]

・Dazed and Confused
元ヤード・バーズに所属していたジミー・ページは、1967年にジェイク・ホームズ&ザ・ヤングブラッズの曲「Dazed and Confused」を気に入り、バンドのレパートリーに加えることにした。後にレッド・ツェッペリンの曲として、アルバム収録したのである。このことについて、ジェイクは法的措置を取らず、ジミーに一言欲しかったという旨のお手紙を送ったのだが、ジミーは返事を出さなかった。

・Stairway to Heaven
ツェッペリンにとっての代表曲であり、ロック史に輝くと言えるこの曲も、残念ながら他のバンドの曲が元になっている。印象的なイントロ部分の旋律が、スピリットというバンドの「Taurus」とまったく同じなのだ。2つのバンドは、アメリカツアーで同じステージに立っている。

後に「Stairway to Heaven」が世に出たときに、スピリットのギタリストは、自分の作ったリフが盗用されたことにすぐ気がついた。しかし彼が望んだことは、とてもシンプルなことだった。彼はツェッペリンにありがとうと言って欲しかった。ただそれだけを望んでいたという。

[ブラック・アイド・ピーズ]

・Boom Boom Pow
この曲の「Boom Boom」という掛け声の部分の、ビートとフレーズが、フェニックス・フェノムの「Boom Dynamite」とまったく同じ。これは同じビートトラックを元にして作られた曲であるためとの指摘がある。

・Fergalicious
メンバーの紅一点ファーギーのこの曲は、ジェイ・ジェイ・ファドの曲「Supersonic」の丸パクリ。歌詞こそ違えど、旋律からアレンジまで元曲そのもの。この曲に関しては現在訴訟問題に発展している。

[メタリカ]

・Welcome Home (Sanitarium)
隠れ名曲として知られる親しまれているこの曲は、ブレイク・ハウスの曲「Rainbow Warrior」のイントロ部分を盗用している。そのことについて、インタビューを受けたギター・ボーカルのジェームスは、パクリの事実をある程度認めたうえで、パクリ元のバンド名を伏せている。

・Enter Sandman
バンドの存在を世界的に知らしめたアルバム「Metallica(通称:ブラックアルバム)」の1曲目。アルバム全般を象徴するこの曲のイントロは、エクセルというバンドの「Tapping into the Emotional Void」とほぼ同じ。

[ディープ・パープル]

・Smoke On the Water
ロック史に残るこの曲のイントロも、意外な影響を受けている。ジャズのアストラッド・ジルベルトとギル・エヴァンスによる「Maria Moite」と同じフレーズなのだ。ジャズをロックにアレンジしたと言えなくもないが、事前の断りがなければ、パクリに違いない。

・Fireball
この曲はカナダのロックバンド、ウォーピッグの「RockStar」を盗用したもの。このほか、ディープ・パープルはクラシックやジャズからのフレーズを抜き取ることが多い。

いかがだろうか。あまりにも有名な曲が、実はパクリと発覚し、ショックを受けている人も多いのではないだろうか。他のミュージシャンの影響を受けるのも、仕方のないことだろうが、あまりにも露骨な盗用はファンと言えども、残念に感じるのではないだろうか。

参照元:CRACKED.com(英文)

▼ レッド・ツェッペリン 「Stairway to Heaven」

— powered by Cracked.com

▼ メタリカ「Enter Sandman」

— powered by Cracked.com

▼ ディープ・パープル「Smoke on the Water」

— powered by Cracked.com