先日、iPhone4ならびにiPad3Gに搭載されているモバイルOS「iOS4」がユーザーの移動履歴を自動的に記録していることについてお伝えした。

実はこれと同様の機能がAndroidに備わっていることが判明。この事実は、ある開発者が独自に開発したアプリケーションで発覚したのである。

Androidが移動履歴を録っていることを突き止めたのは、開発者のマグナス・エリクソンだ。彼は独自に「android-locdump」というアプリを開発し、実装してみたところ、iOS4と同じように、移動履歴が残されていることを確認した。

実際に割り出されたデータは、モバイルの緯度と経度、ならびにタイムスタンプである。iOS4がデータを記録している方法と、ほぼ同じ要領で、Androidも記録していたのだ。

ただし二者の間では、データ保存量において大きな違いがある。iOS4が1万3000件(1年間)のデータを残しているのに対して、Androidは50件。最大で48時間が限度だ。プライバシーの観点からみれば、1年もの記録を残すiOS4の方が、この問題は深刻と言えよう。

いずれにしてもスマートフォンユーザーは、移動履歴が記録されているという事実を、覚えておいた方が良いだろう。

参照元:TNW(英文)