ロシアの高速道路で、とんでもない車が走行している様子が目撃された。その車とは、右側は激しく損壊している車両だ。それにも関わらず、何事もなく高速道路を走り続けているのである。その様子がYoutubeに公開され、ユーザーからは、「ゾンビカーだ」、「走ってるんだから問題ないのでは」など、さまざまなコメントが投稿されている。

この映像は、4月3日に公開されたものだ。タイトルでは中国産のSUV車とされているのだが、正確な車種はわからない。動画では、撮影している車両の前方を走るSUVが大きく損壊している様子が確認できる。車体の右側が陥没しており、日本なら廃車処分しなければいけないレベルの事故車なのだ。

しかしこの車は、当たり前のように高速道路を走り続けているのである。この動画を見たユーザーは、

「ソビエト時代のロシアでは、事故ったら自分で運転して病院に行く」
「走ってるんだから、問題ないんじゃない」
「ロシアだけ」
「この車はセーフって名前のモデルだ。マジで」
「ようこそロシアへ」
「いくら何でもタフすぎるだろ」
「美しい」
「これは日本のトヨタじゃないかな。トヨタ車を完全に破壊することはできない」
「トヨタの車は永久に走るぞ」

などのコメントが寄せられている。どう見ても、安全に運転できる状態ではないはずだ。速やかに廃車した方が良いと思うのだが……。

参照元:Youtube/stenkerruzzo