柔道とサンボの達人でもある史上最強の政治家、ロシアのプーチン首相。ケンカに明け暮れる不良少年時代を送ったとされるプーチン首相だが、先日、『氷上の格闘技』ことアイスホッケーのジュニア選抜チームの練習に参加、持ち前のテクニックを披露した。

練習に参加した理由は、2カ月前にメンバーと交わした「うまく滑れるようになる」という約束がきっかけだった。その後、プーチン氏は独自に練習を重ね、メキメキと上達。成果を見せる意味で、練習に参加したとのことだ。

赤いユニフォームに身を包み、背番号は11。スケートリンク上に登場したプーチン氏に、チームメンバーは歓迎しながらも、どことなく緊張した雰囲気。メンバーからパスを受け、強烈なシュート一閃! 数本のゴールを決め、最後はチームメイトと記念撮影を撮ったという。

それにしてもたった2カ月でここまで上達するとは、さすがプーチン。誰しもが認める、史上最強の58歳である。

参照元:funnyandspicy(英語)