東日本大震災の影響により、「コパ・アメリカ(南米選手権)2011」の出場を一旦は辞退していたサッカー日本代表だったが、つい先程、正式に出場することが決定したもようだ。

この情報をいち早く伝えたのは総合スポーツサイト「スポーツナビ」のサッカー編集部。Twitter上のつぶやきで、「南米選手権の出場が正式に決まりました。理事会後の報告会で、田嶋副会長が発表しました。」(引用ここまで)と報じている。

コパ・アメリカは、南米サッカー連盟が主催する、最も歴史の古いサッカーの大陸選手権。4年ごとに開催され、今回の舞台はアルゼンチンだ。ガンバレ、ニッポン!

参照元:Twitter/@sn_soccer