先月15日、福島第一原発の爆発により現地から61キロ離れた福島市では通常の約500倍(20マイクロシーベルト)が、東京でも通常の20倍(0.809マイクロシーベルト)の放射線量が検出されました。今もなお上がり下がりする放射線量の数値を前に、不安を抱きながら過ごす方も多いのではないでしょうか。

ところが、今から50年以上も前の日本は、今よりもっと高い放射性物質に見舞われ、東京や大阪でも1000倍のプルトニウムが大気中から放出されていたそうです。東京では、なんと1万倍の放射線量が検出されたという情報も。

これは1950年代後半から60年代前半にかけて行われた、アメリカ、ソ連、中国などの核爆発実験により、北半球全体に放射性物質が拡散していたことが原因。

特に、1954年(昭和29年)3月1日に行われた、米国によるマーシャル諸島ビキニ環礁の水爆実験は、当時の日本国民に暗い影を落としました。米国が示していた危険海域の外(爆心から約160キロ付近)にいた、日本の漁船「第5福竜丸」が被ばく。当時は、戦後の情報規制により核爆弾の本当の恐ろしさが人々に伝わっていなかったそうで、さらに事態を悪化させる原因になってしまったようです。ほかにも近くを航行していた多くの船が処分され、魚介類が汚染されて食べられなくなるなど、莫大な被害を受けたそうです。

当時を良く知る男性(65)に話を伺ったところ、「当時の国民も、野菜は良く洗って食べるように指導され、また、雨に当たらないように言われていた」のだそう。ときには雨に相当濡れたこともあったそうですが、この人物に限ってはこれまで特に放射能が原因とされる体調の変化はなかったそうです。

当時よりも放射線量が少ないとはいえ、今のこの状況を軽視するわけにはいきません。しかし、多くの専門家がアドバイスしている通り、飛散してくる放射性物質が少ない地域の人々は過剰に反応する必要はないようです。

それにしても日本人は、度々核の恐ろしさを身をもって経験してきたにも関わらず、福島第一原発で指摘される安全対策への甘さを見るにつけ、過去の過ちから何ひとつ学んでこなかったのだろうかと心底残念になります。これ以上、核による被害者を増やさないよう、国民は原子力を扱う機関を一層厳しく注視し続けていく必要があるでしょう。早く原発に代わるエネルギーが開発されることを祈るばかりです。

参照元:kankyo-hoshano.go.jp