日本でアクティブユーザーが300万人を越えたFacebookが、新たなサービスを提供すると発表した。そのサービスとは、グルーポンのような共同購入の仕組みだという。共同購入サービスについては、賛否分かれるところだが、どうやら従来のものと一線を画すようだ。

新サービスは「Facebook Deals(ディールズ)」と名付けられている。これは従来の共同購入と異なり、ファンページや位置情報を活用した、まったく新しい割引サービスである。スマートフォンユーザーを対象に提供される予定とのことだ。

サービスの流れは次の通り。まず、スマートフォンで位置情報を登録する。そして、地図上に表示される割引情報を確認し、事前に割引を受ける登録をしておく。実店舗でその特典を受け取ることとなるのだ。店舗や企業は、先着500名などの割引制限を設け、その上限に達した段階で、特典の提供を終了させる。

割引登録したユーザーの情報は、Facebookのウォールに公開される。ユーザーは、友人たちとその情報を共有することができるのだ。

ディールは「チャリティ・ディール」、「インディビジュアル・ディール」、「ロイヤリティ・ディール」、「フレンド・ディール」の4種類用意されている。。それぞれの詳細は不明だが、このうちフレンド・ディールはタグを利用して、5人の友人と割引などの特典を共同利用できるようだ。

アメリカではFacebookの利用が特に活発で、企業のファンページ登録者数も多い。ディールが公開されれば、ファンページ登録者を対象に特別な割引を提供するのも、容易になるだろう。このサービスの提供を機に、Facebookはまた一歩、大きく前進することに違いない。ちなみに日本での導入予定は未定である。

参照元:silicon republic,BUSINESS INSIDER(英文)