先ごろ中国で、「英語熟練度指標報告」がまとめられた。この報告は、母国語が英語でない国の、英語能力を調査したものだ。それによると、日本は44カ国中14位となり、韓国(13位)に次ぐ順位となった。

この調査は、EF教育社がまとめたものだ。4年間にわたって非英語圏の44カ国、約200万人を対象に調査を実施した。上位30カ国は以下の通りだ。

1.ノルウェー
2.オランダ
3.デンマーク
4.スウェーデン
5.フィンランド
6.オーストリア
7.ベルギー
8.ドイツ
9.マレーシア
10.ポーランド
11.スイス
12.香港(中国)
13.韓国
14.日本
15.ポルトガル
16.アルゼンチン
17.フランス
18.メキシコ
19.チェコ
20.ハンガリー
21.スロバキア
22.コスタリカ
23.イタリア
24.スペイン
25.台湾
26.サウジアラビア
27.グアテマラ
28.エルサルバドル
29.中国
30.インド

ヨーロッパでは北欧諸国に比べて、イタリア・スペインの順位が低い。下位の2国は母国語が強く、それぞれの言語が他国でも通用するため、英語が普及しにくいという背景がある。また、アジア圏ではマレーシアが上位に食い込んでいる。これはイギリスの植民地時代に、公用語として英語が広く使われていたためだ。

日本は学校教育(小中高)で英語を学習するものの、日常生活で使うことがほとんどないために、香港・韓国に比べて低い順位に留まっている。ちなみに新興国の中国・インドは、経済成長が進んでいる一方で、英語の普及においては遅れをとっているようだ。今後英語教育に力を入れていくものと思われる。

参照元:新浪網(中文)