アメリカでもっとも有名な子どもコーラスをご存知だろうか。彼らは、小学校5年生を中心に60~70名で編成されているグループで、2006年頃からYoutubeを活用して動画配信を行ってきた。ミュージシャンの間でもその名を知られており、レディー・ガガやビヨンセ、ベン・フォールズなどとも共演を果たしている。その彼らが歌う映画「アイアンマン」のテーマ曲がとても素晴らしいのである。

ニューヨーク市内の第22公立小学校の合唱団「PS22コーラス」は、2000年に設立された。グレッグ・ブレインバーグ先生の指導のもと、週2回の練習が行われているという。2006年9月にグループのブログを開設し、Youtubeで動画を公開。そうしたところ、瞬く間に人気を呼び、アメリカでもっとも有名な合唱団へと成長したのだ。

彼らは一般の合唱曲のみならず、グレッグ先生の編曲によるロックやポップスにも挑戦している。比較的ロック色の強い選曲が多いためか、子どもコーラスに興味のない人にも受け入れられ、いまやミュージシャンからも支持を得るに至ったのだ。今年2月には、第83回アカデミー賞にもゲスト出演し、世界的なスターたちを前に歌声を披露した。

その彼らが昨年、映画「アイアンマン2」の公開日に、映画のテーマ曲であるブラック・サバスの「アイアンマン」を歌う様子を公開している。オリジナル楽曲は、ゴリゴリとしたバンドサウンドで、非常に力強いのだが、彼らにかかればしなやかなコーラスに大変身。子どもたちは踊るように歌いながら、音楽を体で表現しているのである。

彼らを見ていると、音楽の素晴らしさを改めて気付かされる。この曲のほかにも、数多くの曲をYoutube上に公開している。興味のある方は、彼らのブログをのぞいてみてはいかがだろうか。

参照元:Youtube/agreggofsociety

▼ ブラック・サバス「アイアンマン」

▼ アカデミー賞出演時の様子

▼ コールド・プレイ「ヴィバ・ラ・ヴィダ」