カナダのギターリストが、ユニークな演奏を披露し話題を呼んでいる。リズムマシンやシンセサイザーで演奏することの多いテクノ・ミュージックを、アコースティックギター1本で挑戦しているのだ。彼の楽曲は、昨年12月の公開から話題を呼び、世界中のアマチュアミュージシャンによるカバー作品が多数登場しているのである。

アコースティックでテクノに挑戦したのは、カナダのギタリスト、イワン・ドブソン氏だ。長年クラシックギターを学んできた彼は、カナダで開催されるさまざまコンテストで、数多くの賞を獲得している。2009年に本格的に活動を開始して以来、カナダは元より、アメリカからも出演オファーが絶えない。2010年には、モントリオール・ジャズ・フェスティバルにも出演を果たし、セカンドアルバムを発売している

その彼が、Youtubeで楽曲を公開したところ、世界中から注目を集めるようになり、楽曲のカバーに挑むアマチュアミュージシャンまで、登場するに至ったのである。

演奏はエフェクターを活用して、テクノサウンドをうまく表現している。ちなみに昨年12月の公開から、すでに160万回再生されており、2万人以上が高い評価を与えている。是非一度、視聴して頂きたい。多くの人が高く評価することに、頷けるはずだ。

参照元:Youtube/rpoland