米マサチューセッツ工科大学(以下:MIT)の研究者は、植物の光合成の原理を応用し、発電する研究を進めている。このほど、太陽光発電よりもはるかに効率的で、無駄のない発電方法について発表を行った。それによると、早ければ来年までに、一般家庭の電力源を、生活廃水1.5リットルでまかなえるかもしれないというのだ。

この研究は、MITの化学エンジニアリングの権威、ダニエル・ノセラ博士らが行っているものだ。博士によると、植物の光合成の原理を応用し、コバルトとリン酸塩を用いて、人工の「葉」を作り出した。これを水のなかに浸し、水の分子を分解して、電気を生成するのである。45日間継続的に実験を行った結果、ソーラーパネルを上回る効率で、電気を得ることができたと報告している。

すでに商業化に向けて、インドの企業「タタ・グループ」と開発を進めているとのことだ。現在はその準備段階にあるのだが、早ければ来年までに冷蔵庫サイズの小さな寸法の発電機で、小さな家庭の電力をまかなうことができるようになる。しかもその動力は、1日1.5リットルの生活廃水で済むとしている。

まさしく夢のような発電技術。是非とも早い段階で実用化して頂きたいものだ。

参照元:livemint.com(英文) Youtube/USdepartmentofenergy