誕生日といえば、必ずといって良いほど誰もが口ずさむ歌「ハッピーバースデー」。誕生日を迎えた人に向けて、おめでとうの気持ちを伝える歌なのだが、この歌が嫌いでどうしようもない男の子の動画が話題を呼んでいる。この子は、兄が歌を歌い始めると「ノー!!」と絶叫し、泣き出してしまうのだ。

母親の撮影による動画は、イアンとエイドリアンという2人の兄弟が、カメラに向かって歌を歌うというものだ。親族の誰かにハッピーバースデーを届けるために歌うのだが、兄が口ずさみ始めると、弟は突然泣き出してしまう。

そのうち地団駄を踏んで、兄に歌うのを止めさせようと、手がつけられない状態に。歌い終わったところで兄が抱き締めてやり、ようやく落ち着きを取り戻すのである。

なぜ、この歌を嫌うのだろうか? 事情は不明だが、実は母親は1年前にも同じように、兄弟2人でハッピーバースデーを歌う様子を撮影している。そのときは弟もまだ小さく、特に不満に感じている様子もない。しかし今年はどういう訳か、ひたすらに泣き喚いてしまうのである。泣きじゃくる弟と、それを慰める兄の姿がとても印象的だ。

参照元:Youtube/jodi0326

▼ 2010年のハッピーバースデー