NASAの研究チームが、きたるべき有人火星飛行に備え、準備を本格化させたようだ。厳しい火星の環境とよく似た南極で、火星探査用の宇宙服「NDX-1」の初実験が行われた。

この試作宇宙服は、米ノースダコタ大学宇宙服研究所のアルゼンチン人技師パブロ・デ・レオン氏が設計し、NASAの資金で作られたもの。

10万ドル(約800万円)の費用をかけて作ったこの宇宙服は、ハニカム構造(ハチの巣状)のケブラーや炭素繊維など350以上の素材で作られており、耐久性にすぐれ、かつ軽量。「ヘルメットをかぶって作業すると閉所恐怖症になりそうだ」とレオン氏は語るものの、火星での厳しい気温と時速47マイル(約75キロ)以上の風速に耐えられる。

実験は、南極にあるアルゼンチン空軍基地マランビオで行われた。他の南極基地と比べ、永久凍土層へのアクセスが容易だったためだ。一週間にわたる実験で、NASAの研究者チームはNDX-1を装着し、模擬宇宙遊泳やサンプル採取などの実験を行った。

レオン氏は、「南極はサンプル採取に理想的な場所。地球上でもっとも汚染の少ない場所で、宇宙服への影響に関して手がかりが得られる土地だ」と語っている。そして、「火星はさまざまな環境が入り混じった場所。砂漠、そして南極と同じような気温と風速。私たちはさまざまな場所で実験を行い、火星の厳しい環境に耐えられるか、さらにテストしていかなくてはならない」と、意欲をのぞかせている。

さて、オバマ大統領は昨年、「2030年代半ばまでに火星への有人飛行を目指す」という演説を行った。火星への着陸後、地球に生還させるミッションだという。しかし、火星への有人飛行は、技術的にも、厳しいNASAの財政事情を踏まえても、やはり難しいもの。米国学術研究会議は今月、火星にはロボットを送るミッションを先にするべきと語っている。

参照元:foxnews(英文)