3月20日に米ロサンゼルスで開催されたマラソン大会で、ある1人のランナーが完走を果たし注目を集めている。彼が注目されたのには理由がある。それは、彼が元力士で体重180キロの重量ランナーなのだ。約10時間で走破し、もっとも体重の重いランナーとしてギネス・ワールド・レコードの記録を打ち破ったという。

ロサンゼルス・マラソンに参加したのは、ケリー・ネイティングさん(40歳)。彼はアメリカの元相撲チャンピオンであり、現在の体重が400ポンド(約181キロ)もある。もっとも重いランナーとして、ギネス記録を更新したのだ。実は2008年にも挑戦しており、そのときも11時間48分で完走。そして今回、当時の記録を大幅に上回る9時間48分42秒の好タイムでゴールテープを切ったのである。

彼は全行程の約3割を走り、残りは歩いて進んだという。フルマラソン完走だけでも十分な功績といえるのだが、彼の挑戦は終わらない。将来的にはエベレストにも登頂したいと意気込んでいるとのことである。

参照元:ESPN(英文)