並び始めて10分もしないうちに、割り込み、クレーム、そして小競り合い。中国人は長時間並ぶことが苦手というのは度々報じられているが、そんな中国メディアが日本人の災害時の冷静な対応に賞賛の声を寄せている。

避難中の渋滞でも、誰一人クラクションを鳴らす人もいない、それどころかむしろお互い気を遣い合っている。避難所では物資の支給に大人も子どもも整然と列をなして順番を待っている。こういった被災者の様子が、中国版ツイッター「ミニブログ」で公開され、驚きと共に中国に広がっている。

ともすれば日本バッシングに走りがちな中国ネットユーザー達もこの件に関しては「感動した!」「日本は民度の高い国民のいる国だってわかった」「中国ではこうはいかない、正直羨ましい」等、非常に肯定的だ。日本人の公共マナーの良さは、中国でも有名であるが「まさかこんな非常事態のときまで、マナーがいいなんて」と感嘆の声が鳴り止まない。

突然やってきた未曾有の災害に直面しても尚、日本人はどうやって冷静さを保っているのか、日本華人教授会議・支援防災委員会会員で神戸大学大学院教授の王柯氏は「個人の自衛意識、市民・企業・ボランティア・専門家そして行政職員同士の協力、そして公的機関の援助、この三者の有機的結合が作用しているためだ」としている。

災害発生時の原則は「自分の身は自分で守ること」だ。日頃からの防災意識がパニックを未然に防ぐ。そして同時に「自分達のコミュニティは自分達で守る」という意識も大切である。

中国では、組織や団体で協力する、という意識が日本と比べて薄いとされている。実際に今回被災した日本在住のネットユーザーは「日本の周りに合わせないといけない文化は窮屈だと思っていたけど、被災してこれは日本文化の長所なんだって気がついた」と感想を漏らしている。

参照元:捜狐新聞NOW news Network(中国語)