今月、VIP待遇で来日したパンダに、日本列島は興奮の坩堝と化したのだが、パンダでおなじみの中国で、ネット上に大量虐殺されたパンダの画像が流出! この衝撃的な画像にネットユーザーは、驚きを隠せないでいるのだが、果たして事の真相は… …!?

ネット上に公開された画像には、仰向けに並べられたパンダの死骸。そして、それを平然と眺める人々。無造作に詰め込まれた大量の死骸が、クレーンで吊り上げる様子が収められている。これを見たユーザーからは「パンダを虐殺するなんて、許せない!」、「人間は復讐を受けるべきだ」など、非難のコメントが相次ぎ、物議をかもしている。

ところが、これには裏があったのだ。

これらの写真は全てフェイク。マグロの保護を訴えるキャンペーン広告に、パンダが起用されたというのだ。「大虐殺ではなかった」と胸を撫で下ろす一方で、「残酷な広告を制作する意図が理解できない」、「あまりに残忍すぎる」と、怒りの声が上がっている。なかには「この広告を通して、世界が動物保護の意識をもてるようになれば良い」と、肯定的な意見もあるようだが、いずれにしても、リアルすぎる写真であることに間違いはない。いくら何でも、これはやりすぎではないだろうか。

参照元:TV Daily(韓国語)

▼無造作に詰め込まれたパンダ


▼クレーンで吊るされたパンダ