三十歳前後の男子にとって、田宮模型の『ミニ四駆』はビックリマンと並ぶ思い出の商品。「最初に買ったミニ四駆って何?」と聞くだけで、だいたいその人の年齢が把握できたりもする。そして、男子にとっての「初ミニ四駆」は、初体験と同じくらいに思い出深いものであり、語り始めたら1~2時間では済まされない。

そう思うのは中国のミニ四駆ファンも同じなようだ。中国の玩具系サイト「模玩網」の掲示板に、心温まる書き込みがあったのでご紹介したい。

投稿主は自分が最初に買ったミニ四駆「超級天皇巨星」、おそらく中国版の「ダッシュ1号・皇帝(エンペラー)」の思い出と共に、画像を投稿。しかしその画像をよく見てみると……!!

ラッシュ1号・エンペラーなのである。「DASH!!」のところが、どう見ても「RUSH!!」になっているのである。これはこれである意味速そうだが、中国伝統のニセ四駆であることは間違いない。

「このマシンの写真を見ると、あのころの楽しい思い出が蘇ってくるよ……」と、実にマッタリと思い出にふける投稿者。気持ちは分かる。あの頃に戻りたい。

あなたのファーストミニ四駆は何ですか? ちなみに記者(私)は「ファルコンJr.」です。

参照元:模玩網(中国語)
執筆:GO羽鳥

▼どう見てもラッシュなのだ。