世界で最も美しい場所の一つに選ばれたことがある、インドのケーララ州カリカットから一人の天才少女が誕生した。少女の名前は、スリー・ラクシュミ・スレス。1998年生まれの世界最年少WEBデザイナー兼CEOである。

彼女は3歳でWindowsのお絵かきソフト「ペイント」に興味を持ち、2年後にはWEBのデザインができるほどコンピュータのプログラムに詳しくなっていた。そして8歳の時に、母校の公式WEBサイト「presentationhss.com」を任せられ、2008年には全米WEBマスター協会から最高の栄誉となる「Gold Web Award」を受賞した。

それ以来、彼女の卓越した才能はいたるところで発揮されている。例えば、地域の聴覚障害者に就職や結婚などに関する情報を無料で紹介するサイト「kozhikodedeaf.org」を、2カ月だけのアニメーション講習後、わずか4日でサイトを完成させた。

現在までに、彼女が受賞した賞は、米国、カナダ、イギリス、ブラジルなど海外も含め、28以上に上る。インド国内では子供への賞としては最高となる、 「National Child Award for Exceptional Achievement 2008」を受賞している。そして、デザインしたWEBサイトは、ケーララ州のすべてを紹介するサイト「stateofkerala.in」などを含め、少なくとも20以上になる。

とても可愛らしいイメージがある少女だが、世界最年少のWEB制作会社CEO(最高経営責任者)でもあり、バリバリのビジネスウーマンなのだ。そして、一つの会社では飽きたらず、検索サイトを手がける別会社の共同経営にも乗り出している。もしかしたら第二のビル・ゲイツは、インドから生まれるのかも知れない。

参照元:OMIKZ(英文)