現在ネット上で、ある噂が大きな反響を呼んでいる。その噂とは、2011年の秋にiPad3が発売されるというものだ。

えっ? iPad2の発売も決まっていないのに、iPad3の発売が分かるなんておかしいって? そう、今週アメリカの新聞紙『The Wall Street Journal』が、次世代iPadの生産をAppleが開始したと伝えたばかりで、iPad3の発売が今の時期に分かるとはなんとも信じがたい。しかし、iPad3の2011年秋発売説を唱える人は多く、彼らの声に耳を傾けてみるのも悪くはないかもしれない。

まず初めにこの説を唱えたのは、Apple通の有名ブロガー、ジョン・グルーバー氏。彼は自身のブログで、今夏発売予定のHP TouchPadがiPad3の発売とぶつかるかもしれないと書き、それがネット上で注目を浴びた。

グルーバー氏はこの説について「僕の勘だとAppleはiPadの発売時期を iPodに合わせて、9月にずらすと思う。でも、第1世代のiPadからiPad2への発売に一年半は待たないだろうね」とブログに書いており、第1世代のiPadが2010年4月に発売されたことを考えると、9月に発売されるのはiPad2ではなくiPad3だと予想した。

またグルーバー氏はiPad2はすぐに発売されると踏んでおり、恐らく3月に発売が発表され、出荷は4月上旬だろうと予想している。「そして、iPad3はiPodイベントで発売が発表され、9月に出荷される。次世代のiPod Touchと同じようにiOS 5.1を搭載して」とブログでiPad3のOSについても予想した。

しかしiPad3は、iPad2.5、iPad2 HD、iPad2 Proのような形で、iPadシリーズの新しいハイエンドモデルとして売り出されるかもしれないとも付け加えた。

また、このiPad3の発売に関しては、最新テクノロジーに詳しい有名ブロガーMGシエグラー氏も言及している。シエグラー氏はある情報筋により、AppleがiPad3に関して秋にビックサプライズを準備していることが分かったと述べている。また彼は、iPad3が「網膜ディスプレイ」と呼ばれる高解像度ディスプレイ、もしくはより小さいフォームファクタを採用しているだろうと予想した。

iPad2の発売も決まってないのに、iPad3のことを考えるのは時期尚早かもしれないが、欲しいもののことを考えるのはなにかと楽しいもの。みなさんも夢を持ちながら、iPad3の発売発表を待たれてみてはいかがだろうか。
(文=田代大一朗

■参考リンク

AppleInsider(英文)